タワーマンションの高層階の良さを語る

タワーマンションに住むなら断然高層階だと思います。
何といっても周りのどの建物よりも高いので見晴らしは最高ですし、友人や恋人を呼んで高級賃貸物件は自慢できますし、
遠くの景色を見て、春はいち早く山々の木々の緑を感じることができますし、夏は花火大会を家族や友人を招いて鑑賞しすることも可能ですし、
秋から冬は山々の色づく様子がわかったり、都心にいながら季節の移ろいも感じることができます。

まさに、都心という立地の持つ利便性と、高層階であるが故の解放感や優越感を味わえるという点、
また、タワーマンションでかつ高層階という条件だと、資産価値の面でかなり優位になることからも、この選択しかないと思います。
ただ、どうしても最大のデメリットは予算的なことだと思います。

都心の立地でタワーマンションの高層階となると、億単位の買い物となることを覚悟しなければなりません。
しかも、耐震強度など、安心・安全という点から考えると、大手や信頼できる業者から購入しようと考えるのが自然です。
そうなるとさらに出費は大きくなります。

このほかにも、地上との距離があるために出不精になるなど、デメリットもあることを認識する必要があると思います。
メリット・デメリットも理解しつつ、賢いマンション選びをすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です